スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体を走る線路

はりきゅうの治療は体の「ツボ」といわれる部分にはりを刺したり、お灸をすえたりするわけですが、
この「ツボ」、でたらめに散在するわけではありません。

人の体には「経脈」と呼ばれる気の通り道があって、
その経脈の通るところにあるのが「ツボ」なのです。

いってみれば、経脈とは体を走る線路のようなもので、
線路上にある駅がツボといったかんじです。

そして体には14本の大きな路線が走っているということになっており、
それぞれの線路が異なる臓腑と深く関連しています。
例えば、「胃の経脈」や「肝の経脈」といったように。

そして駅にも他の路線と交差する大きな駅や、
あまり使われない小さな駅があるように、

ツボにもそこを使うと、広範囲の症状に効くものや、
かなり限られた部位の症状にしか使われないものがあります。

この線路と駅をうまく利用すると、
知らない人からすると
不思議とも思える効果がでます。

例えば、五十肩の治療でおなかに1本刺しただけで、
ほとんど痛みがなくなったり、

寝違えで首が回らないときに、
腕に1本刺しただけで、
回るようになったり、

腰が痛いときに、
手に刺して痛みがなくなったり、


大抵こういうときに患者さんがおっしゃるのが
「つながってるんですね~」

そうなんです。
つながっているのです!
というかひとつの体なのです。
もともと1つなのです。

人間の体は部品の寄せ集めではないんですね~。
スポンサーサイト
リンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。